灰色ハイジの観察日記

サンフランシスコで働く閉じこもりがちデザイナー

断片的な11月の日記

今週23歳になった。
10代のころ大人に感じていた年齢が22〜23歳くらいなので、23歳になったということでいろいろ思うことはあったけれど、思った気がしただけで、すぐに寝た。



大学の友達が東京に出張で来ているというので会った。
“自分を知っている”人に会うとホッとする。過去と今の自分が全然別ものなんじゃないかと思う事があるけれど、つながっているんだな、と感じることが出来る。


あとは、京都弁、萌え。



最近、今自分はどこにいるんだろう?と思うことがよくある。
京都のアパート?実家?東京の東側だったっけ?
何でなのかな、と思ったんだけど、身体は確かにいろんなところに移動しているのに、私の心というものは、自分の身体という一定のところにしか居ないからなんじゃないかと思った。



会う人、会う人に、「元気にしてる?」と聞かれたりしますが、私は元気にやってます。
仕事は大分慣れてきました。日々の業務の中で、「あ、進化した」と感じるときがあって、それが面白いです。
Typographyとか大嫌いだったし、レイアウトは教授に「君、下手だね」と言われてから恐怖ものだったけれど、だんだん克服出来つつある気がします。
苦手なものが好きになったりすると聞いたことがありますが、そのうちすごい文字マニアになっていたりするんですかね。
信じられません。



ナイロンガールズの反響が割とあって、会社の人にも「あれ見たよ」と言われる始末です。
全然匿名になってません。