灰色ハイジの観察日記

サンフランシスコで働く閉じこもりがちデザイナー

働く女は、美しい

レビューを書こうと思いながらどんどん下書きに溜まっていった...
この数ヶ月こんな本を買って読みました。

ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践

ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践

[rakuten:book:13039794:detail]
AERAの臨時増刊は「働く女は、美しい」がテーマ。勝間和代さんと佐藤悦子さんの対談が載っていたので買いました。

勝間:正論よりメンツを立てろ、です。これは結婚生活で学びました(笑い)。男性ってプライドが高い。女性の5倍ぐらいのような気がしません?

勝間:ただしビジネスの場には、ビジネスに必要な共通言語ってありますよね。この人は女だけど、共通言語を理解していて、ちゃんと会話になる、ということだけは示しておかないと、話にならない。

佐藤:ちょっと言葉は悪いですけど、私はもともと女性だから、まあ、舐められても仕方ないというのが前提なんですね。なので、それはよくよく自覚して臨みます。だから私が話す時は、相手に反論の余地がないくらいロジックが自分で固まった時です。

自分自身が就職活動時代から、女性は働くにあたって不利なんじゃないかと思って不安に思っていたのですが、AERAのこの臨時増刊では同じようにそうした不安を抱えながらもうまく働いている女性のお話がたくさん掲載されていて、来年から働くことに対する勇気(?)をもらえました。

サプリ 7 (Feelコミックス)

サプリ 7 (Feelコミックス)

こちらは漫画ですが、元々広告代理店で働いていた方が描いています。漫画の舞台も広告代理店。働くことや恋愛について悩む主人公の気持ちなんかが見ていて面白いです。