灰色ハイジの観察日記

サンフランシスコで働く閉じこもりがちデザイナー

私がやりたい事 その2

先日、アルバイトをしているデザイン事務所の方が内定おめでとうという事で、飲み会を開いて下さった。飲みながら「実際、どういう風になりたいの?」と聞かれた。有名になって名が売れるようになりたいの?とかという事である。


その時はうまく言えなかったけれど、実は「灰色ハイジ」という名前で世に出たいと思っている。
灰色ハイジという名前を8年ほど使っている。ずっと同じ名前を続けている理由は、いつかこの名前を見た人が「昔、ネットでこんな名前の人と接した」と思い出してもらえたら良いなと思っているから。こんなに成長する事が出来たよ、今こんな風にやってるよ、という事を名前を通して伝える事が私の目標のうちの1つとしてある。
メールアドレスをいくらずっと保管していた所で、変わってしまう。昔出没していたチャットも今では無い。でも、「自分の名前」をキーワードに繋がる事が出来たらと思っている。


ちなみに、中学時代知り合った人の大半は、mixiで再び会う事が出来た。
しかも、私が思い描いた通りに「灰色ハイジ」という名前を覚えていてくれた事で繋がる事が出来たのだ。
大学に入ってから知り合った人と連絡が途絶えてしまったとしても、「灰色ハイジ」というキーワードで再び繋がる事が出来たらと思っている。