灰色ハイジの観察日記

サンフランシスコで働く閉じこもりがちデザイナー

Numeroの「21世紀少女」にインタビューが掲載されました

Numeroの「21世紀少女」というコーナーにインタビューが掲載されました。