灰色ハイジの観察日記

サンフランシスコで働く閉じこもりがちデザイナー

1月と2月の断片的な日記

1日2食、パンという前半生活を送っていたら体を壊しかけました。
頭痛はひどいし、吐き気はするし、そんなんだから気分は落ち込んでいくし、まさしく負のスパイラル・・・。


これはまずい、ということで今週は何があっても3食きちんととって寝る、ということを実践したのですが、大分良くなりました。
ってこうやって書いてみてから、これは当たり前の生活をしているだけじゃないか!ということに初めて気付いて驚愕しています。


何が驚愕ってこうして書いてみないと当たり前のことに気付かないということ。
3食きちんと食べただけですごい自分、みたいになってる感覚が恐ろしい。



3食というのは主に社食なのだけれど、社食でご飯を食べる時は必ず本を読む時間に充てるようにしてみた。すると、本を読むのが久しぶりだということに気付いてさらに驚愕・・・。



どうも目の前のことしか見えなくなる傾向があるようで、これは早急になんとかしないと。
最近スキルを身につけることが目的から目標に置き換わってる気がして、なんだか空っぽ。
スキルを身につけて、それから、それで、どうするというんだ。



働きたい、という目標を立ててやってきた10年。
働き出してから、その環境を維持することに注力してはいないだろうか。
維持するべきは自分のモチベーションやコンディションであって、環境は変化するものでないと。