灰色ハイジの観察日記

サンフランシスコで働く閉じこもりがちデザイナー

コンバートすることと理解することは違う

あけました、おめでとうございます。


ここ数ヶ月とてもいろんな出来事があって、その中でこれまでと全然別レイヤーの人と会話をして気付いたことが。


それはコンバートすることと理解することは違う、ということ。
いままで自分なりに変換することで、理解したと処理していたけれど、正しく変換できるほど自分の頭の中は豊かなのだろうか?


これまで理解したと思っていたことは、元々ある自分の知識や考えに置き換えただけで、何も得ていなかったのではないか。


無理に自分の少ない知識や、足りない考えに変換しようとせずに、そのままインポートして、きちんと分析しないといけない。



これは一言で言ってしまえば「理解した気でいた」というただそれだけのことだけれど、人間理解することで満足を得ようとしたりするので、本当に理解したかどうかよりも、「理解した気でいた」ということで満足してしまうことが多いのではないだろうか。


この数年間何してきたんだろう!と思える程に自分の中では衝撃的な出来事で、
だから私は未熟で、アップデート出来ていないのだ、と気付いたそんな2010年の幕開けでした。