灰色ハイジの観察日記

サンフランシスコで働く閉じこもりがちデザイナー

東は存在しないのか、そして私も存在しないのか、と東京に思いを馳せながら書くブログ

私は4月から東京で働くのですが、既に東京での新居は借りているので今日は荷物を運び入れました。
新居は東東京。誰に聞いても「東は分からない」の一辺倒。東ってなんなのだ。本当は存在しないんじゃないか。そんなことを思いながらも新しい生活に希望を抱きながら引っ越し作業をしました。
下町風情溢れる街並みは大変京都を思わせ、とても落ち着きます。碁盤の目になっているところも似ていて、散歩しようものなら新居に帰れませんね、これは。(どこを歩いても同じに見えます)


新居にはネットもなければパソコンもない。
日曜日まで東京には滞在しますが私は生きてゆけるのか?頑張って精一杯生きる為、ケータイを駆使してネットに痕跡を残そうとあがきます。
この記事もケータイからぽちぽち打っています。

この勢いなら

レポートだって、はてな記法もケータイで頑張れるよ!(ケータイでレポートとか、ゆとりって言われますか?微妙にゆとり世代ではないので、ゆとりって言われてみたいお年頃です)



あーネットしたい