灰色ハイジの観察日記

サンフランシスコで学生生活やり直し中のデジタルプロダクトデザイナー

She is に寄稿しました/ハイカラシティで会いましょう

She isの「だれと生きる?」特集に寄稿しました。 結婚にまつわる話やリモートライフに関してはこれまで受けた依頼で書いてしまった感じがあって何を書こうか悩みました。 また、行ったり来たりの生活も今は変化してサンフランシスコに腰を落ち着けようとし…

2017-12-27 タイミング

Tradecraftで一番仲の良い友だちがいる。彼女の名前はケリー。カリフォルニアで生まれ育ち、日本語を勉強していることから、休日も一緒に出かけたりしながらランゲージエクスチェンジをしている。 昨日も一緒にラーメンを食べて、その後はサンフランシスコの…

2017-12-26 Carrot and stick

Career開発のカリキュラムが苦手だった。デザイン以外の話題になると途端に英語を聞き取れなくなるからだ。それも1ヶ月半経ってようやく講師の英語が分かるようになってきた。大体1人1人に当てられて、とあるトピックについて答えないといけないのだけれど、…

2017-12-18 人生の2周目

Tradecraftの期間は3ヶ月。当初は3ヶ月ってそこそこ期間あるよなーなどと思っていたものの、いざ始まってみると、気付けばもう半分が過ぎてしまった。毎月新しい人をとっていて、早くも私は先輩だ。(実際は先輩・後輩といった感じはなくとてもフラットだけ…

英語で面接を受けた話

Tradecraftに入って気づけば1ヶ月が経とうとしている。この環境に慣れてきたと共に、最初の恐怖心などの気持ちも忘れつつあるのですべて消えないうちに書き残そうと思う。 最初の難関は、英語の面接。大学と違って試験のようなものは無かったけれど、電話と…

サンフランシスコのTradecraftに入りました

今月からサンフランシスコにある、Product DesignerやGrowth Hackerの養成所「Tradecraft」に入りました! 3ヶ月間、見習いのような感じで実際にこちらにあるスタートアップのプロジェクトに参加したり、基礎カリキュラムを受けたり、スタートアップで活躍す…

2017-11-05 進展した

先月末から一気に状況が一変した。まず応募していた学校からCongratulations!というメールが届いたのだ。早速来週から通うことになるのだけれどそれについてはまた追って報告できたらいいなと思う。連絡のすぐあとは大変喜んだのだけれど、その後これ本当に…

2017/10/18 焦燥感と次への一歩

これまでの経験と言うのは環境が変わればリセットになってしまう部分もあれば、活かせる部分もある。リモートライフをしていたところ、日本もアメリカもどちらの生活も中途半端になってしまう感じがした。アメリカに居るのにいまだ人と顔を合わせることも、…

2017/10/02 彌彦神社で結婚式を挙げた

最初は白無垢はどれも同じかなと思ったけれど、シンプルに細い赤い線の入ったデザインが気に入ってこれにした。頭はバラとかすみ草。生花にしたかった。 先週、地元の彌彦神社で結婚式を挙げた。生まれ育った村は道路二車線をまたぐ大鳥居が有名で、神社にも…

家族だけの結婚式で生い立ちアルバムを配ったら、一番盛り上がるコンテンツになった

先日、お互いの両親、兄弟だけで結婚式を挙げました。神社で式をした後に、月岡温泉 華鳳に移動して食事会をしました。夫の家族に福岡から遠路はるばる私の地元・新潟に来ていただいたので、県内で一番良いとされる宿に。結婚式向けの食事プランもあったので…

りっすんに寄稿しました、そして後書き / 仕事と私生活、二つの“リモート”を経て感じた「信用の貯金」と「発信」の大切さ

はてなが編集を手がけているイーアイデムのはたらく女性向けのメディア「りっすん」に寄稿しました。 結婚してアメリカと行き来する生活になって、大きく仕事スタイルも変化し... この約2年のことを振り返りながら書きました。記事を書きながらこれまでの不…

2017/09/17 いくら

東京で仲良くなった友人たちがいる。もうそろそろ知り合って7年くらい経つのではないだろうか…。東京に行くのでグループチャットで声をかけたところ、予定の空いていたタムカヨの家で集まることになった。 うたは & ひまり 4人で食べ物を持ち寄ってお昼から…

夫の誕生日にギアを贈る話

あまり恋愛が長く続いたことのない人が結婚して悩むこと、それは誕生日プレゼント。はい、私のことです。同じ人に毎年贈り物をするのって大変なのね〜・・・!ということをこの年になって初めて実感しました。まず去年贈ったのはHATRAのパーカー。夫はたくさ…

家庭用Slackの活用方法:掃除のリマインド

実のところリモートライフよりも、一緒に住む時間が最近増えてきた。2年近く一緒に過ごしてきた中で初めて共同生活をしているのだ。寂しさを除けば離れて暮らした方が双方楽だろうな、と思うことの代表例が生活スタイルの違いというものだろう。 私のほうが…